カメラ買い取り

カメラ買い取りについて

カメラ買い取りについて

カメラを買い取りしてもらうシーンは案外多いでしょう。
というのもカメラをやる人にとってはカメラの買い替えというのが頻繁にあるものです。
長く使う人もいますが、ほとんどの人が2年〜5・6年に一度カメラを買い替えするでしょう。

 

やはりカメラは超精密l機械です。
壊れてしまうこともあれば、最新型が次々登場します。

 

カメラメーカーにしてみれば
新型機をどんどん発表して売らないことには商売になりません。
そんなこともあってから1〜2年に一度のペースでカメラが発売になるモデルが多くなっています。

 

新しい機種がでれば欲しくなるものです。
今までは何の不満もなく使っていたカメラなのに
興味本意で手にとった最新型のカメラ。

 

気づけば頭のなかでお金のやりくりを考えてる。
そんな思いをしたことある人も多いはずです。

 

カメラというのは中古でも価値が残ります。
カメラの機種にもよりますが、平均すると新品価格の2割〜5割くらいで売れます。

 

仮に10万で買ったカメラなら、2万〜5万で売れるということです。
売ったお金を元手に新しいカメラを買う。
これが王道パターンです。


ホーム RSS購読 サイトマップ